中小企業ブランディング・成長企業のブランド開発なら株式会社フルスロットル

Product-Poster

プロダクトブランディングについて

WhoOwnsBrandsMed

プロダクトブランディングとは製品のブランドを構築することです。価値のあるプロダクトブランドは、他社の製品との差別化を可能にして、価格面だけで競争することを避けることができます。製品に内容などを消費者に示すことは当然ですが、製品名・パッケージ・宣伝方法などを効果的に行って、その製品ならではの価値を作り出すのがプロダクトブランディングの特徴です。製品の品質がすぐれていても、消費者がその内容を適切に理解できなかったり、パッケージの出来が悪いのでは購入する気も起きませんから、製品開発の段階からプロダクトブランディングを検討することが大切です。

 

有効なプロダクトブランディングが行われれば、消費者は製品の内容以上にブランドにも価値を見出して、長期間その製品を愛用してくれるようになるでしょう。しかし、従来の日本の企業では、プロダクトブランディングよりも、企業そのものをブランド化する企業ブランディングが盛んに行われていました。企業の製品を販売する店舗を系列化することに重点がおかれていたために、どの企業の系列の店舗であるのかを明確にアピールできるようにと企業ブランディングが重視されていたのです。

 

製品よりも企業名を前面に押し出す方法で売り上げを伸ばすことができたために、ほとんどの企業がブランディングといえば企業ブランディングを思い浮かべるような状態でしたが、しだいに企業の系列店以外にも複数の企業の製品を扱う量販店のような店舗が増えるにようになると、店舗を訪れる消費者は製品をつくった企業を比較するのではなく、商品の内容を比較して購入するものを決めるようになって行きます。

 

このように消費者の意思決定の方法が変化をすると、企業ブランディングに加えてプロダクトブランディングの重要性が増加することになったのです。そのため、現在では企業ブランディングだけではなく、プロダクトブランディングにも力を入れている企業が増えています。P&Gでは他分野の製品を販売していますが、パンパースやジレットなどの製品名のほうが有名になり、購入する際に企業の名前を思い出す人は少数派ではないでしょうか。

 

その他にも、ソニーやパナソニックのような企業ブランディングを活発に行っていた企業でも、ブラビア・プレイステーション・ビエラなど数多くのプロダクトブランディングを行うようになっています。情報化社会が進む中で、今後プロダクトブランディングの重要性は増すばかりですので、正しく効果的なブランドが構築できるように、時にはリブランディングをする必要性も生じます。歴史があって一見順調に販売できているような製品であっても、そのブランドが時代や顧客に合わなくなった時には、恐れずにリブランディングを行わなくてはなりません。

顧客の支持を得られなくなったブランドは、価値がないばかりではなく、会社の運営に悪い影響を及ぼしかねませんので、常に製品のブランド力には注意をする必要があります。そのため、リブランディングの必要性がないかを判断するためには、企業内部の意見だけではなく、消費者や外部のブランディングの専門家の意見を積極的に取り上げて、今のままの製品ブランドでも大丈夫なのか、リブランディングをする必要性があるのかを、きちんと見極めることが大切です。

あいまいな根拠に基づいてリブランディングを行ってしまったら、今までのブランドとしての価値を無駄に捨ててしまうことにもなりかねませんので、できるだけブランドの評価を数値化して誰もが納得した状態でリブランディングをするようにしましょう。そして、実際にリブランディングを行う時は、より消費者が親しみやすくて分かりやすいブランドを構築するように心掛けましょう。

 

 


あなたのビジネスに最適なブランディングとは?

企業や製品・サービスのブランド開発・ブランド戦略立案と実行はフルスロットルまでご相談ください。