中小企業ブランディング・成長企業のブランド開発なら株式会社フルスロットル

bridge-1024x682

社員の意識が変わる!インナーブランディングとは(理念共有・ブランドブック・社内浸透)

 

ブランドは自分とは関係ないと思っている社員はいませんか?

 

担当者はブランドについて深く理解しているけれど、一般の社員は自分とは関係のないことだと思っている。そんなことはありませんか。

実は、社員の働きぶりもブランドの一部。社員がブランドを意識して働くことはブランドを浸透させる上で非常に大切です。一流ホテルや高級ブランドのショールームに行くと、サービスマンやスタッフは一流のホスピタリティを持っていますよね。ブランドネームやロゴマークも必要ですが、ブランド構築には社員の協力も欠かせないのです。

社員の行動ひとつでブランドのイメージは良くも悪くもなります。そこで、社員にもしっかりとブランドを理解してもらうために実施するのがインナーブランディングです。ブランディングを成功させるためには顧客向けのブランディングと同じぐらい、インナーブランディングが大切なのです。

そう考えるとブランディングは採用から始まっています。できるだけ安く働かせるよりも、一緒にブランドをつくっていきたいとお互いに思える人を採る方がブランドの観点からは得策です。

 

 

「何の会社か分からない」と言われないために

 

一見、地味で効果も見えにくそうなインナーブランディングが注目されるようになったのはなぜでしょうか。

IT化やグローバル化が進む以前はブランドネームやブランドロゴをつけるだけでも一定の成果がでました。ですが、企業の事業領域がより拡大し、複雑化してくると、一貫したブランドイメージを持たせることが難しくなってきました。本社と海外支店で、あるいは、アパレル事業と飲食事業のように領域によってブランドのイメージが違ったら、顧客は同じひとつのブランドとしては認識しづらくなってしまいます。同じ会社としてコーポレートブランドをコントロールしていくためにはまず、さまざまな社員の意識を統一する必要がでてきたのです。

「ああ、あの会社ね」と理解してもらうためには、まず社員の理解から。インナーブランディングが注目される背景にはそうした時代の変化があるのです。

 

 

 

社員の働きがいもブランディングに関係している!?

 

インナーブランディングを実施するメリットはブランド構築だけではありません。社員の働きがいをもうみだすことができます。インナーブランディングでは何を大切にしている会社か、どんな思いで営まれてきた会社なのか、社員とともにブランドに対する理解を深めていきます。

ブランドの価値観を理解している社員は突発的なできごとに対しても、ブランドにふさわしい対応をとることができます。あなたはこれまで「こんな対応をしてくれるとは、いい会社だな」と思った経験はないでしょうか。たとえば、某有名テーマパークのキャストや世界的コーヒーチェーンの店員など。インナーブランディングに成功すると、社員は自分もブランドをかたちづくる一員だという認識を持ち、誇りをもって働くようになります。ブランドの一番のファンになり、ブランドにふさわしいサービスや商品を提供できるように振る舞い始めるのです。そうすると、顧客にもブランドの魅力が伝わります。よいブランドは社員からも愛されているのです。

提供者側という意味では協力会社や外注先もブランドを担う大切な一員。インナーブランディングが成功すると、ブランドに関わるすべての人が、このブランドのために働きたいと感じます。 

 

 

インナーブランディングの事例

 

インナーブランディングのプロセスは顧客に対するアウターブランディングとさほど変わりません。コンセプト設計から運用までの流れはほぼ同じ。違うのはコミュニケーションの対象で、社員にアプローチできる方法を計画します。インナーブランディングをとりいれた企業の例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

①社長交代に伴い、全社員に向けてメッセージを発信した事例

 着物の長沼グループのウェディングブランド「マシェリ」。新しいビジネスの趣旨をブランドブックにまとめました。イメージを直感的に理解しやすい絵本のような形式になっています。

詳細はこちら>http://www.fullthrottle.co.jp/portfolio/macherie/

macherie01  macherie02  macherie04  macherie05

 

 

②老舗企業がブランドの再構築に伴い、社員へのブランド浸透を図った例

 水着で有名なアパレルブランド三愛(現Ai)。弱まっていた企業のブランド力を強化するべく、ブランド価値を整理し直し、ブランドブックに落とし込み、社員へ配布しました。

詳細はこちら>http://www.fullthrottle.co.jp/san-ai/

sanai01  sanai03  sanai07  sanai04

 


あなたのビジネスに最適なブランディングとは?

企業や製品・サービスのブランド開発・ブランド戦略立案と実行はフルスロットルまでご相談ください。