中小企業ブランディング・成長企業のブランド開発なら株式会社フルスロットル

Group of Multiethnic Busy People Working in an Office

中小企業における企業ブランディングの重要性と進め方(コーポレートブランディング)

 

国内に存在する企業の99.7%(約430万社)が中小企業と言われています。乱暴な言い方をすると430万社の競合が存在するわけであり、そのマーケットの中で自社の差別化を図っていかなくてはなりません。そう考えると非常に難しい感じがしますが、実際はそうではありません。冷静に自社の状況と対峙し、いま市場で何が起こっていて、クライアントの要求はどこにあり、自分たちの強み・提供価値は何なのか。それらを順を追って整理し、発信・展開していくことで中小企業といえどもしっかりと「オリジナル・ブランド」の構築は可能です。以下に、ブランディングの重要性とその進め方を整理しました。

 

 

 

多くの中小企業が自社のブランディングに取り組んでいます

 

企業活動を行っていると顧客や消費者などによって、提供する商品やサービスなどに応じた特徴が自然と認識されるようになりますが、企業のブランドを積極的に構築して、価値を高めるのが企業ブランディングです。有形財産を急に増やすことは難しいのですが、企業のブランドのような無形財産であれば短期間に価値を高めることも可能で、企業の価値を向上させられるために、多くの企業が力を注いでいます。

商品やサービスの売る上げを伸ばすために行うプロダクトマーケティングとは違って、企業としてのイメージや価値を上げるために行うのが企業ブランディングの特徴です。誰もが知っているような企業では、広報やマーケティング部門の人間が企業ブランディングを担当して、ブランディング戦略を立案したり企業のロゴを制作するなどの業務を行っています。企業ブランディングを行い企業としてのブランドを確立することによって、社会的な信頼が高まって業績の向上や、社員のやる気を引き出すのなどの効果を期待することができます。

企業ブランディングとCIデザインが混同されることもありますが、企業ブランディングがブランドの構築により業績の向上などを目的するのに対して、CIデザインは企業の独自性を明確にするものという違いがあります。企業ブランディングは顧客を第一に考えて、CIデザインは企業のことを主体としていると考えることもできるでしょう。

 

 

企業ブランディングの本質は、ポリシーの明確化

 

企業のブランディング戦略においては、経営理念が反映されて、ブランドの背景や理由なども理解しやすく親しみやすいものである必要があります。経営理念が感じられないようなブランドでは顧客や消費者からの信頼を得ることが難しくなりますし、難解な内容では敬遠されてしまう可能性もあります。企業ブランディングのデザインは、一部の人だけの嗜好で決めるのではなく、顧客の意見を優先した上でできるだけ多くの意見を聞いて行うことが大切です。このように、企業内部の分析に加えて外部環境の分析も行った後に、企業ブランドのコンセプトを決定して、具体的な企業ブランディングのデザインを行うようにします。

そして、企業ブランディングをデザインする際には、ブランド名やロゴマークを会社案内や各種に資料にも掲載をして、企業一丸となりブランドが普及するように努力するようにしなくてはなりません。
ブランドを目にする機会が増えるほどブランドが浸透して親しみやすくなりますが、ブランドを軽んじるようなことをしてしまうと、顧客も従業員もブランドに興味を失ってしますので、会社案内などにもブランドの説明をすることを忘れてはいけません。コーポーレートサイトやオフィスの中も企業ブランドを活用して、一貫性を持たせることで初めて大きな効果を出せるようになるのです。

企業ブランディングで注意をしなくてはならないのが、会社に規模によるブランディング方法の違いです。大企業の場合は、資金も豊富ですしブランディングを担当する専門の社員も雇用することが可能ですが、中小企業の場合は使える資金が限られていることも多くて、ブランディングを担当する社員を雇用することが難しいことも珍しくありません。そのため、中小企業がブランドを構築する時は、効率良く資金と時間を使って、中小企業ならではの良さが宣伝できるような企業ブランディングを行うようにしましょう。

企業ブランディングの事例は、数多く存在します。ブランドの構築に成功して世界的に有名になった企業もありますし、ブランディングが上手く行かずにブランドがなくなってしまった例もあります。そのような事例も参考にしながら、より確かな企業ブランディングを行うことが大切です。

 

 

現有する経営資産の吟味と検証から「ビジネスをデザインする」

 

実際に企業ブランディングを行う際には、対象となる企業、製品・サービスが持つ特性、実績などを十分に検証することが重要です。対象となるものの内容を十分に把握・理解した上でブランドを構築しなくては、適切なブランディングをすることはできませんし、対象となる市場やステークホルダーと双方向のコミュニケーションはできません。そのために企業ブランディングを進める際には、3C4P分析やSWOT分析などにより、「いま自分たちがどのポジションにいるのか?」「競合はどこに位置しているのか?」「我々の強みと弱みは?」「差別化の方向性は?」など多岐にわたり吟味・検証を重ねていく必要があります。適正な企業ブランディングを行うために、改めて事業内容や企業特性を詳しく見直して、評価するようにしましょう。その結果から、おのずと進んでいくべき道、ブランドの方向性が見えてくるはずです。

business_design

 

 

ビジネスとデザインの両面から分析し、最適なブランディングを

 

より客観的にブランドの対象を理解して、今ある経営資産を正しく評価するためには、専門的な知識を持ったブランディング会社を活用するのが良い方法です。ブランディング会社であれば、より具体的に課題を指摘して効果的なブランドを構築するのに役立つことでしょう。社内のメンバーだけで企業ブランディングを行おうとすると、他社と大きく差別化を図れず似たような(他社の真似)ブランドになる可能性がありますが、外部の専門家が加わることで、まったく新しい観点から独自のブランドを構築することが可能になるのです。特に、コーポレートブランディング実施の際には必ず現状に対するビジネスオーディット(事業展開状況調査)とデザインオーディット(デザイン展開状況調査)をして、現状自分たちのブランドがどのように展開され、どのようにユーザーに認知されているかを知ることがまず重要です

 

5core_method

 

 

ブランディング成功事例

 

centerpeer01 cptop centerpeer05 centerpeer16 centerpeer15 centerpeer09

センターピア株式会社|ラックメーカーからソリューションベンダーへの変革

 

 

コシオカ産業株式会社ロゴアドレス入(新)-01 写真 8 写真 2monocoto0 monocoto5 monocoto4

コシオカ産業株式会社|100年企業に向けて モノコト新規事業開発&サービスブランディング

 

 

ブラディング関連記事リンク

 

キーワード : 「リブラディング」

リブランディングの意味

p_3_3

リブランディングについて

outerbranding

起死回生を狙える、正しいリブランディングのやり方

professional

時代に合わせてアップデート|「リブランディング」で変わろう

 ftl_4_l

 

キーワード : 「コーポレートブランディング」

コーポレートブランディングとは?

Empty white office interior with city view

中小企業の身の丈にあった企業ブランディングとは?

185321640-2

 

キーワード : 「インナーブランディング」

インナーブランディングについて

sanai07

社員の意識が変わる!インナーブランディングとは

bridge-1024x682

 

キーワード : 「ビジネスデザイン」「その他ブランディング関連」

フルスロットルが考える「ブランディング」

事業承継タイトル

中小企業を成長させる経営戦略とは?ビジネスをデザインするという方法

blog2タイトル

値下げ競争や知名度の低さから抜け出せ!中小企業のブランディングとは?

blogタイトル

中小企業における差別化戦略/成功の3つのポイント

title2


あなたのビジネスに最適なブランディングとは?

企業や製品・サービスのブランド開発・ブランド戦略立案と実行はフルスロットルまでご相談ください。